視力の矯正をするならメガネがお手軽です@田中チェーン

レーシック、それは視力回復手術。一昔前は、まさかこんなにも簡単に視力が回復するなんて夢にも思っていなかった。
一度おちてしまった視力は、そうそう簡単には戻りません。視力がおちて、生活に支障をきたすと判断された場合は、メガネやコンタクトで矯正をするわけです。
ですが、メガネやコンタクトをするのは面倒臭い。コンタクトを毎月買うのはお金がかかる。手入れも大変。もうまどろっこしい!
そんなストレスに悩まされている人もたくさんいると思います。

そこでレーシックの出番です。レーシックの手術は眼科で行ってもらえます。
ですが、レーシックは保険適用外の手術になるので費用がそこそこかかってしまいます。
費用は病院が自由に設定できるので、病院によってその手術費用は変わってきます。
安いところが良いとは限りません。安くても、信頼できない眼科も残念ですがあります。
レーシックの手術を受けようと決めたのであれば、手術を行う眼科選びは慎重に行って下さい。

レーシック手術のメリットはたくさんあります。
鬱陶しいメガネ・コンタクトからの開放、裸眼で見ることができる嬉しさ。
手術が簡単、日帰りで手術が可能。しかも痛くない!手術後すぐに視力が回復する。
すぐに視力が元に戻ってしまうことはほとんどない。
毎月のコンタクト費用を考えたら、レーシックの方がお得。などなど・・・。
こんな風に、レーシック手術にはたくさんのメリットがあります。

でももちろん、デメリットもあります。
レーシックは安全な手術と言われていますが、手術器具がきちんち消毒されてなかった事により、目が失明間近になってしまった例もあります。
どうしても人のミスはどこかで起こり得ます。だから、安全性に充分配慮した病院選びがとても大事になってくるのです。
どんなことにもリスクはつきものです。そのリスクを充分に理解して、手術を受けるかどうか自分で決めましょう。